もちさん奮闘記

雑記だよっ(*゚▽゚)ノ

会話は難しい

 

6日間の正月休み、怠惰に傲慢に怠慢にずぼらに気だるく過ごしていました。

それに加え、暴飲暴食・遅寝遅起き、ほぼ家を出ず無精ひげを伸ばしておりました。

会話もありませんでしたあああああばばばああぁちゅ」ぱぁぁ。

 

 

そんな私に、残されているのは妄想だけ!

 デートでもしましょう、そうしましょう。

 

 

もちさん「初めまして、こんにちは」

女「ぁ、こんにちわ」

もちさん「おっぱいでかいね」

女「Aカップですけど・・・」

もち&女「・・・・・・」

 

妄想ですら、駄目のようです。うまくいきません。

何を見て口を動かしているんでしょうか?挙動不審が安易に想像できます。

お巡りさん、ここです。私がここにいまーーす。

 

いや待て、現実が妄想を侵略しているのでは?といきなり疑ってみましょう?

よくわからない理屈ですが、私のせいではありません。助けてくりゃraaaaaa

 

 

そして、よくよく考え目を見開くと、私の第二声がおかしいと気づきました。

やはり私のせいでした、ごめんなさい。皆さんは気づいていましたか?

 

テイク2をご所望します。

 

 

もちさん「始めまして、こんにちは」

女「ぁ、こんにちわ」

もちさん「・・・・・・」

女「・・・・・・」

 

 

 

 

 

うんやっぱり私は、妄想すら出来ないようです…なんて悲しい私でしょうか。

膝枕でしか私の悲しみは癒せない。そうに決まっている。

 

しかし、現代社会の闇は深い。と社会のせいにしてみると・・・

それっぽいですね?

つまるところ、私のせいではないようです。

なぜなら私は、お餅。白なのです潔白です。黒とは違うのだよフハハハハh

 

 

 

 

嗚呼ッ

 

それにしても、どうすれば会話って成り立つんでしょうか・・・

そんなことを考える今年で三十路の男。

そう、もちさんです。ベリーハードモードか何かですか?

 

 

 逃げるしかないようです。衛生兵を呼んでもらえると助かります。

タタタタァεεεεεヾ(*´・ω・`)ノトンズラッ

 

~Fin~