もちさん奮闘記

雑記だよっ(*゚▽゚)ノ

右肩の凝りと、トイレへの道-紳士編-

 

仕事が始まり、私は右肩が非常に凝っている。

なぜ右肩だけなのか、左肩は駄目だったのか疑問である

 

 

私の右肩の異常はそれだけでは済まない。

夜になると疼くのだ。何かが右肩に入っているのではないかと、これまた疑問に思う。

つい、「ククッ・・・夜になると右肩が疼くぜ・・・」と思ってしまうのは私だけだろうか?

ついつい、「ウッ…抑え切れない・・・お・・・俺に触るなああぁあああ」とか続けてしまう。

 

しかしまぁどうせなら、右肩でなく、右腕が疼いて欲しいものだ。

 

それにしても「ククッ・・・夜になると右肩が疼くぜ・・・」(30歳独身男性談)

という感じに、後ろに年齢と独身を付けるだけでオヒョーと戦慄してしまう。

 

 

ハァ・・・歳食ったなぁ…と思うわけである。

もう少し、良い歳の取り方をしたいものだ。

 

 

 

 

話は180度変わるが、妹のトイレが遅い。とてつもなく遅いのだ。

恐ろしいほど遅く、メチャ遅い。☆☆ブログを書き終えちゃう☆☆

紳士たる兄として見過ごせると思うだろうか?いや紳士たる兄はソレを見逃せない。

トイレが遅かろうが、血が繋がった妹なのだ。1人しかいない存在なのだ。

 

名状しがたいバールのようなものを、手に持ちトイレへの道を歩かん

今行くぞ!!妹よっ!!