もちさん奮闘記

雑記だよっ(*゚▽゚)ノ

近所のノラ猫の行方

 

そういえば、近所に住んでいるノラ猫が最近姿を見せません。

どこいったったんだろう?

 

 

思い返してみると、たいした奴です。

夏の夜中に、ニャーニャーうるせえなぁ・・・と思ったら、交尾だったり。

もちさんは、まず相手がいません。同じ土俵にすら立っていない30歳(絶望)

 

近所のノラ猫>超えられない壁>もちさん

 

という構図が出来上がった瞬間です。

近所のノラ猫はすごい。

 

 

北海道の冬も、毎年乗り越えているんですよねぇ・・・。

よく生き残れるなぁと思います、私なら凍死する自信があります。

 

仮に、戦ったとしても負ける気しかしません。

あの小さな体から繰り出される、俊敏な動きと噛み付き攻撃は脅威です。

勝てません。

 

f:id:Moti:20180218180935j:plain

(怖い)

 

近所のノラ猫>もちさん となるのは自明の理ということです。

 

 画像だけでわかるよ、勝てないよ・・・

 

 

しかし、そんな私ですが一応会社に10年間勤め上げています。

もちろん会社には勝てません。

10年勤続者より強いノラ猫は、会社にも捉われず生きています。

つまり構図的には・・・

 

 

近所のノラ猫>会社>もちさん

 

 

となります。

つまり、近所のノラ猫がすごい。

 

 

しかし、今年の函館の雪もすごいです。

もう除雪予算が足りず、予備費を切り崩しているらしいです。

 

はたして、ノラ猫は生き残れるんでしょうか?

生き残るとなると、また構図が変わります。

 

近所のノラ猫>北海道の冬>会社>もちさん

になります(大雑把)

 

近所のノラ猫くんには、ぜひ頑張ってもらいたい。底辺から応援してます。