もちさん奮闘記

雑記だよっ(*゚▽゚)ノ

隣の芝生は青く見えるのは、わかってる

f:id:Moti:20180415181636j:plain

 

一人暮らしをしたいなーと去年辺りから、思っている。

何をしたいかと言われると料理がしたい。魚を捌きたい。

オサレな料理も作って、1人ルネッサンスしたい。部屋で全裸になりたい。

 

バシャーンカチャカチャドドーン!!!と男の料理もしてみたい(語彙力)

 

しかし、男の料理というとなぜか野蛮な感じがする。

豪快なだけで味付けも濃く、見た目も適当なイメージが色濃く脳内再生される。

 

それに比べて女の料理というと、なんだかオシャレなイメージ。

もしくは肉じゃがだとか、家庭的で優しい味わいを連想させられる。

 

なんだか、ずるいぞ。

ただでさえ、女性はおっぱいがあってずるいのに。揉み放題じゃないか!!!

 

 

 

 

いや、まてよ男にも胸くらいはある。あるんだっ!!!!!

揉み放題だ!!純度100%だ!!!!

 

 

これは・・・しゅ・・・しゅごいふええええええ

 

 

私は胸を揉むために、意味もなく気合を入れた。

NI・HO・Nに見てもらおうとカーテンを開けると、草木は風に揺らめいていた。

夜を照らす、家々の明かりは私を照らすスポットライト

 

窓を開けると、心地良いとはいえない気温6度の風が、私を脅かす。

負けてはいけない。と、そう私は思った。

右手と左手を、高々と挙げ我が胸へいざ行かん。

 

 

 

先ほどまでに、揺れていた草木はいつのまにか動きを止めていた。

緊張の瞬間、私は胸を揉みました。

 

 

 

 

ウッ・・・

 

 

 

 

 

そして、やっぱり女はずるいと思いました。

だって、おっぱいがあるんだもの。もちお。